> > ダイハツら、近江牛のふんをバイオガス化→工場稼働エネルギーに 開発に着手

ダイハツら、近江牛のふんをバイオガス化→工場稼働エネルギーに 開発に着手

画像はイメージです

ダイハツ工業(大阪府池田市)とエア・ウォーター(大阪府大阪市)は12月8日、ダイハツ滋賀(竜王)工場(滋賀県竜王町)が位置する竜王町とともに、地元特産の近江牛の糞を活用したメタン発酵技術の開発に取り組むと発表した。「耕畜工」連携による地域循環共生を目指す。今回NEDO事業に採択され、今後、小型バイオメタン発酵プラントと発電機を2023年までに技術開発・建設し、2024年に実証試験を進める。

竜王町が進める「耕畜連携」に、工業を生業とする2社が参画。地元の重要産業である近江牛肥育の糞尿からエネルギー(バイオガス)を取り出し、専用の発電機に投入して工場の稼動エネルギーとして使用する。脱炭素化を進めると同時に、残渣は有機肥料として農地に還元する「地域循環」を目指す。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 57 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.