中部電力、和歌山・木質バイオマス発電に参画 未利用の間伐材活用

  • 印刷
  • 共有
発電所完成後のイメージ(出所:中部電力)
発電所完成後のイメージ(出所:中部電力)

中部電力は12月27日、和歌山県内で木質バイオマス発電施設の建設を進める「有田川バイオマス」(和歌山県有田郡有田川町)に対し匿名組合出資を行った。発電所の出力は900kW、年間発電電力量は約650万kWh。2022年8月の運転開始を目指す。なお、同社初の「木質ガス発電方式」のバイオマス発電所になるという。

同発電所は、主に和歌山県産の未利用間伐材等を利用した木質チップ(年間約1万t)を燃料として使用。また、発電の際に生じた熱を、併設するチップ製造工場へ供給し、燃料となる木質チップの乾燥に利用するほか、隣接する温浴施設(有田川町かなや明恵峡温泉)へ熱供給を行うなど、地域資源のより一層の有効活用を行う計画だという。有田川バイオマスは、2021年8月より、有田川バイオマス発電所(和歌山県有田郡有田川町)の建設を進めている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報