> > 神戸市・トヨタ・JERAら25者、蓄電池のリユース・リサイクル協議会設立

神戸市・トヨタ・JERAら25者、蓄電池のリユース・リサイクル協議会設立

画像はイメージです

神戸市は12月27日、トヨタ自動車(愛知県豊田市)やJERA(東京都中央区)など蓄電池の利活用に取り組む事業者・団体24者とともに、「神戸関西圏電池リユース・リサイクル協議会(略称:ReBaaS協議会)」を設立したと発表した。

ReBaaS協議会は神戸市の呼びかけにより、12月13日付けで発足。「電池資源循環プラットフォーム」を構築することで、蓄電池の系統連系評価や、蓄電池へのリサイクル技術活用等の実証事業等を推進していく。これにより、カーボンフリー電源や水素燃料電池等と組み合わせたエネルギーマネジメントの高度化に貢献することで、関西圏・神戸市においてSDGsやカーボンニュートラルに呼応した新たな電池需要の創出と産業化に寄与することを目的としている。同協議会では、各種実証実験のほか、国や地方公共団体への政策提言・支援要請などの活動に取り組んでいく。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 64 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.