タケエイグループ会社、太陽光パネルリサイクル事業を開始へ

  • 印刷
  • 共有
(左)油圧式フレーム外し機 ・未来創造製/(右)手動式カバーガラス剝離装置・未来創造製(出所:タケエイ)
(左)油圧式フレーム外し機 ・未来創造製/(右)手動式カバーガラス剝離装置・未来創造製(出所:タケエイ)

タケエイ(東京都芝区)のグループ会社である信州タケエイ(長野県諏訪市)は1月より、廃太陽光パネルのリサイクル事業を開始する。

太陽光パネルの製品寿命は約 25~30 年とされており、2030年ごろから交換や廃棄されるパネルの排出量が大幅に増加すると見込まれている。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報