> > ウェザーニューズ AIで太陽光発電量予測、インバランスリスク低減を支援

ウェザーニューズ AIで太陽光発電量予測、インバランスリスク低減を支援

東京都周辺の1kmメッシュ日射量予測のイメージ(出所:ウェザーニューズ)

ウェザーニューズ(千葉県千葉市)は1月12日、気象データ提供・分析サービス「WxTech(ウェザーテック)」において、電気事業者向けに、1kmメッシュの高解像度な日射量予測を用いた太陽光発電量予測データのAPI提供を開始したと発表した。AIを用いた太陽光発電量予測により、インバランスリスクの低減を支援する。

同社は日射量予測モデルの改善によって一般的な予測と比べて予測精度を11%向上させ、この日射量データを用いた高精度な太陽光発電量予測モデルを開発した。同サービスでは、電力取引に適した30分ごとの太陽光発電量の予測データを72時間先まで提供。予測方法は、発電所の緯度経度のほか、ソーラーパネルの出力や設置角度など、発電所の情報をもとにピンポイントな太陽光発電量予測データを算出する「物理モデル」と、過去の発電量実績データと気象データをAIで学習させることでさらに高精度に予測する「統計モデル」から選択できる。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 44 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.