> > Jパワーと三井不動産がタッグ 日本橋・豊洲で脱炭素とエリアBCPを両立

Jパワーと三井不動産がタッグ 日本橋・豊洲で脱炭素とエリアBCPを両立

(出所:Jパワー)

電源開発(東京都中央区/Jパワー)と三井不動産(同)、三井不動産TGスマートエナジー(同/MFTG)の3社は1月12日、日本橋・豊洲エリアで三井不動産と東京ガスが推進する「スマートエネルギープロジェクト」で電力供給を行うビルを対象に、新たにグリーン電力の提供を開始したと発表した。

2030年度までの期間、Jパワーグループのジェイウインドが保有する風力発電の環境価値を活用する。Jパワーグループが提供する「環境価値」であるトラッキング情報は、証書の発生由来を風力発電所と特定できる。2022年1月よりMFTGが電気を供給する日本橋室町三井タワー等4棟のビル(※三井不動産の共用部持分)で提供を開始し、順次対象ビルを拡大する。また、4月からオフィスビル等に入居するテナント企業へも要望に応じ「グリーン電力提供サービス」を開始する予定。

グリーン電力化の仕組み(イメージ)(出所:三井不動産)

クリックで拡大します
グリーン電力化の仕組み(イメージ)(出所:三井不動産)

既存ビルを含めた周辺地域に電力を供給する「特定送配電事業」における電力グリーン化は国内初だという。また、この連携により三井不動産は、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 56 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.