丸紅、豪・インドネシア間の「グリーン水素」製造・輸送・利活用で実証事業

  • 印刷
  • 共有
実証事業の概要図(出所:丸紅)
実証事業の概要図(出所:丸紅)

丸紅(東京都千代田区)は1月12日、豪州・インドネシア間のグリーン水素製造・輸送・利活用に関する実証事業を開始すると発表した。豪州・南オーストラリア州における安価な再エネ水素(グリーン水素)製造、水素吸蔵合金(冷却・加圧すると水素を吸収し加熱や減圧により水素を放出する合金)を使用したインドネシア共和国への輸送、燃料電池を通じた水素の利活用などに取り組む。

同実証事業は、環境省「令和3年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(二国間クレジット制度資金支援事業)水素製造・利活用第三国連携事業」として採択されたもの。南豪州において余剰再エネ電力を活用し、エナジーマネージメントシステム(EMS)を通じて水電解装置とバッテリーを最適に稼働させることで、安価で安定的なグリーン水素製造と系統調整機能の提供を目指す。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報