> > Looopと東京都、総額100億円の「サステナエネルギーファンド」を設立

Looopと東京都、総額100億円の「サステナエネルギーファンド」を設立

ファンドの概略スキーム図(出所:Looop)

Looop(東京都台東区)は1月14日、東京都とともに「サステナブルエネルギーファンド」を組成し、太陽光発電など再生可能エネルギー発電所や、水素ステーションなどクリーンエネルギーを供給する拠点等の整備を促進すると発表した。ファンドの目標規模は100億円以上、存続期間は2037年まで。

Looopが今後設立する合同会社がファンド運営事業者(無限責任組合員)として、同ファンドを組成し運用を行う。東京都は、有限責任組合員として、2022年3月頃に、同ファンドへの10億円の出資を予定している。また、民間企業から広く出資を募り、総額100億円のファンドとして運用を計画している。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 81 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.