> > 2020年、屋上緑化は新国立競技場3つ分増加 屋上・壁面緑化施工実績調査

2020年、屋上緑化は新国立競技場3つ分増加 屋上・壁面緑化施工実績調査

屋上緑化の例:東京ポートシティ竹芝(出所:国土交通省)

国土交通省は1月18日、2020年における、全国の屋上・壁面緑化の施工実績調査の結果を発表した。調査によると、同年に約19.9ヘクタールの屋上緑化、約5.8ヘクタールの壁面緑化が新たに創出された。屋上緑化の面積は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開・閉会式が開催された新国立競技場の建築面積(約69,600平方メートル)の約3つ分に相当するという。

調査を開始した2000年から2020年の21年間の合計では、屋上緑化は約557ヘクタール、壁面緑化は約109ヘクタールが創出された。また、2020年の特徴的な傾向として、全体の施工面積における「事務所用途」の占める割合が、屋上・壁面緑化ともに過去10年で最も高い値(屋上:13.2 % 、壁面:16.8 %)となったとしている。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 46 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.