會澤高圧コンクリート、2035年までにサプライチェーン排出量実質ゼロへ

  • 印刷
  • 共有
NET ZERO 2035ロードマップ(出所:會澤高圧コンクリート)
NET ZERO 2035ロードマップ(出所:會澤高圧コンクリート)

會澤高圧コンクリート(北海道苫小牧市)は1月20日、創業100周年を迎える2035年までに温室効果ガスのサプライチェーン排出量を実質ゼロにすると発表した。

また「期限付きネットゼロ運動」をコンクリート業界に拡げて行くため、保有する素材系の脱炭素化技術やブロックチェーンを使った温室効果ガスの排出量管理といった独自の取り組みを、希望する同業他社に対して包括的に技術移転するプログラム「aNET ZEROイニシアティブ」を開発。まずは2023年3月末までにプレキャストコンクリートメーカー50社、レディミクストコンクリートメーカー50社をパートナーに選び、技術提携を進めていくという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報