三井物産、クリーン水素技術の加EKONA社に出資

  • 印刷
  • 共有
EKONA社のメタン熱分解プロセス。触媒を用いない独自の熱分解方式を用いて
メタンを高温条件下で水素と固体炭素に分離させ、クリーンな水素を取り出す(出所:三井物産)
EKONA社のメタン熱分解プロセス。触媒を用いない独自の熱分解方式を用いて メタンを高温条件下で水素と固体炭素に分離させ、クリーンな水素を取り出す(出所:三井物産)

三井物産(東京都千代田区)は2月1日、メタンからクリーン水素を製造する次世代技術を開発するカナダの企業EKONA Power, Inc.社に出資したと発表した。今後、国内水素製造において、同社の技術を活用した事業展開を目指す。

EKONA社は、メタン熱分解と呼ばれるメタンから水素と固体炭素を取り出す技術を開発している。同技術は従来の水蒸気改質(※)による水素製造技術と比べて、同程度の製造コストに抑えながらも製造過程におけるCO2排出量の削減を実現する。またこの技術は、大部分の炭素分が固体炭素として生成されるため、CO2の処理が必要なく、既存の天然ガスやLNGのインフラを活用しながらクリーンな水素を製造できるのも特徴だ。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報