共同印刷、中身が見える食品向け紙容器を開発 プラ使用量40%削減

  • 印刷
  • 共有
プラフィットペーパーカートンTM(特許出願中)(出所:共同印刷)
プラフィットペーパーカートンTM(特許出願中)(出所:共同印刷)

共同印刷(東京都文京区)は2月15日、プラスチックの蓋を嵌合(かんごう)できる紙製カートン、「プラフィットペーパーカートンTM」を開発したと発表した。環境を配慮した紙とプラスチックのハイブリット製品で、従来のプラスチック容器と比べて、約40%のプラスチックを削減できる。

今回、同社は、蓋はそのままに、トレイ部分のみを紙仕様にする発想をもとに、包装事業で培ってきた紙の構造をデザインする技術で、既存のプラスチック蓋にしっかり嵌合する点に注力した紙製カートン、「プラフィットペーパーカートンTMを開発した。同製品は、本品トレイ部分を紙にすることで、従来のプラスチック容器と同等容積で比較した場合、プラスチック使用量を約40%削減できる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報