国際紙パルプ商事の「クローズドリサイクルサービス」、小林製薬が導入

  • 印刷
  • 共有
(出所:国際紙パルプ商事)
(出所:国際紙パルプ商事)

国際紙パルプ商事(東京都中央区)は3月4日、小林製薬グループ(大阪府大阪市)に対し、資源循環を一元管理するシステム「ecomoクローズドリサイクルサービス」を提供して、流通過程で発生する使用済みの段ボールの一部を古紙として回収し、再資源化するまでの見える化を実現したと発表した。

同社が開発した「ecomo クローズドリサイクルサービス」は、資源循環の実現・見える化をサポートするもの。ユーザーの現状を調査、データに基づき分析を行い、定量/定性面でのメリットを明確にした上で新しいスキームの提案、実行支援を行う。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報