有害化学物質による海洋汚染に関する最新レポートが公開 日本財団ら

  • 印刷
  • 共有

英国エコノミスト・インパクトと日本財団による海洋環境保全イニシアティブ『Back to Blue』は3月3日、新たな報告書「海に忍び寄る新たな脅威- 有害化学物質による海洋汚染と克服に向けたビジョン・方策」を発表した。この中では、海洋化学汚染の深刻化、汚染に関するルールの厳格化・徹底の必要性、海洋化学汚染に伴うリスクに対する金融・投資業界の認識の甘さなどについて言及している。

同報告書の主な論点と提言は、次の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報