鹿島、本社ビル・西調布実験場を100%グリーン電力化 CO2排出25%減

  • 印刷
  • 共有
(左)鹿島本社ビル/(右)技術研究所西調布実験場(出所:鹿島)
(左)鹿島本社ビル/(右)技術研究所西調布実験場(出所:鹿島)

鹿島(東京都港区)は3月10日、本社ビル(同)と、技術研究所西調布実験場(同・調布市)で使用するすべての電力を、再生可能エネルギー由来のCO2フリー電力へ切り替えたと発表した。これにより、同社のすべての常設事業所における電力使用に伴うCO2排出量は、約25%削減することになる。

本社ビルは、2007年の竣工時、環境性能評価「CASBEE」において最高位Sランクを取得しているが、今回、さらなる環境負荷の低減をするため、東京電力エナジーパートナー(東京都中央区)が提供する「グリーンベーシックプラン」に切り替えた。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報