東武鉄道、4月より再エネ電力による運行開始 CO2排出量実質ゼロ実現へ

  • 印刷
  • 共有
スキーム図(出所:東武鉄道)
スキーム図(出所:東武鉄道)

東武鉄道(東京都墨田区)は4月1日より、日光・鬼怒川エリアで運行する電車および駅施設と、浅草から同エリアへ運行しているすべての特急列車にかかる使用電力相当を、実質再生可能エネルギー由来の電力に置き換えると発表した。これにより、同エリアの電車運行にかかるCO2排出量実質ゼロを実現する。

この取り組みでは、東京電力エナジーパートナー(東京都中央区)の FIT非化石証書を活用したメニューなどを使用する。また、非化石証明書付電力の一部については、トラッキング付FIT非化石証書を用いて東武グループが保有する太陽光由来の電力を活用するなど、地域の脱炭素化にも貢献する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報