ユーグレナ、「スーパー耐久22」全戦でマツダにバイオディーゼル燃料供給

  • 印刷
  • 共有
「サステオ」を給油した「MAZDA SPIRIT RACING MAZDA2 Bio concept」(出所:ユーグレナ)
「サステオ」を給油した「MAZDA SPIRIT RACING MAZDA2 Bio concept」(出所:ユーグレナ)

ユーグレナ(東京都港区)は3月22日、鈴鹿サーキットで開催された「ENEOS スーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook」の開幕戦「SUZUKA 5時間耐久レース」(3月19日・20日開催)において、参戦したマツダの車両に、次世代バイオディーゼル燃料「サステオ」を供給したと発表した。2022年シーズンは全戦で、同車両に「サステオ」を供給する。

今回参戦した車両は、軽油と混合しない100%の「サステオ」を使用したが、同車両に搭載されているディーゼルエンジンは十分な性能を発揮することができたという。燃料に「サステオ」を100%で使用するのは、2021年シリーズ第6戦に続いて2例目となる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報