三井不動産、物流事業で脱炭素化・DX化推進 太陽光導入・電力グリーン化等

  • 印刷
  • 共有
次の10年を見据えた施策(出所:三井不動産)
次の10年を見据えた施策(出所:三井不動産)

三井不動産(東京都中央区)は4月21日、物流事業において、社会環境の変化とテナントニーズに対応するため、サステナビリティとDX(デジタルトランスフォーメーション)化の推進などを柱とする、次の10年を見据えた施策を発表した。

サステナビリティの取り組みでは、2030年度までに40%削減(2019年度比)、2050年度までにネットゼロを目標として掲げた、脱炭素に向けた三井不動産グループの行動計画に基づき、太陽光発電設備の設置や非化石証書による電力のグリーン化、外部の環境認証取得を積極的に進めていく。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報