書店から「フードロス削減」を発信 日販とクラダシがタッグ

  • 印刷
  • 共有
店頭展開の様子。リブロ南町田グランベリーパーク店(出所:日販)
店頭展開の様子。リブロ南町田グランベリーパーク店(出所:日販)

出版取次大手の日本出版販売(日販/東京都千代田区)は、社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」を運営するクラダシ(同・品川区)と連携し、書店店頭での「フードロス削減」に向けた取り組みを4月から本格始動した。2022年度内に、日本全国50店舗以上での展開を目指す。

日販はグループを挙げて推進するESG活動の一環として、出版業界として取り組むべきエコ活動を企画・支援する「ONE ECO PROJECT」を展開する。また、クラダシは、食品の賞味期限の切迫や季節商品、パッケージの汚れや傷などを要因として、消費可能でありながら通常の流通ルートでの販売が困難になっている食品を買い取りショッピングサイト「KURADASHI」で販売することで「フードロス削減」に取り組んでいる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報