みずほ銀行、邦銀初・サプライヤーの持続可能性への取り組みを調達金利に連動

  • 印刷
  • 共有
スキーム図(出所:みずほ銀行)
スキーム図(出所:みずほ銀行)

みずほ銀行(東京都千代田区)は5月9日、サプライヤーのサステナビリティに関するパフォーマンスが調達金利に連動する仕組みを組み入れた、サステナブルサプライチェーンファイナンス(SSCF)の取り扱いを開始したと発表した。同行によれば、邦銀としては初めての試みとなる。

同商品は、中堅・中小企業(サプライヤー)に対し、資金調達面から環境・社会問題へ対処するインセンティブを提供し、サプライチェーン全体のCO2排出量削減や、環境・社会への取り組みを促進する目的で開発した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報