> > JパワーとENEOS、国内で大規模CCSの事業化調査 2030年開始へ

JパワーとENEOS、国内で大規模CCSの事業化調査 2030年開始へ

クリックで拡大します
事業の構想(出所:Jパワー)

電源開発(Jパワー/東京都中央区)とENEOSホールディングス(同・千代田区)は5月10日、化石燃料の利用に伴うCO2排出量削減を図るため、国内での大規模なCCS(CO2の回収・貯留)の事業化調査に共同で取り組むと発表した。エネルギー供給のカーボンニュートラル化に向けて、大規模CCSの2030年開始を目指す。

今回明らかにした構想では、Jパワーは石炭火力発電において排出されるCO2を、ENEOSは製油所の石油精製過程において排出されるCO2を分離・回収する。回収したCO2は貯留地へ輸送し、圧入・貯留する。両社の排出源が立地し、CO2貯留ポテンシャルが見込まれる西日本を対象として、貯留する候補エリアを検討する。排出源から貯留地への輸送方法と貯留地の圧入施設についても検討する。

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 78 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.