> > 北海道電力、1MW級水素製造装置を導入 2023年運用開始

北海道電力、1MW級水素製造装置を導入 2023年運用開始

水素製造装置の導入イメージ(出所:北海道電力)

北海道電力(北海道札幌市)は北海道苫小牧市に、水を電気分解することで水素を製造する1MW級 水素製造装置(水素発生量 200Nm3/h)を導入する。8月に着工し、運用開始は2023年3月を予定。

水電解による水素製造装置は、再生可能エネルギーの余剰電力や出力変動を吸収し、再生可能エネルギーの導入拡大を図ることが期待される。運用開始後は、設備性能評価を行うとともに、寒冷地における運用・保守技術の確立を図り、将来の水素社会の実現に向けた各種検討を進める計画だ。

製造した水素は、

全文は無料会員にログインしてお読みいただけます。
残り 56 %


関連記事

関連セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

プレスリリースを受け付けております

環境ビジネスオンラインでは、皆様からの環境に関する情報をお待ちしています。

新製品・新サービス、研究内容、法令情報、イベント・セミナー、海外の環境ビジネス情報など、お気軽にお寄せ下さい。お送り頂いた内容を、編集部にて拝見いたします。

こちらから、必要事項をご記入ください

会社案内 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表示

Copyright © 2022 日本ビジネス出版. All rights reserved.