三井物産、カーボンクレジット事業を展開する豪州企業に出資へ

  • 印刷
  • 共有
(出所:三井物産)
(出所:三井物産)

三井物産(東京都千代田区)は5月12日、原生林の植生回復を通じてカーボンクレジットの創出・販売を手がける豪州の企業Climate Friendly社の株式33.7%を取得したと発表した。

Climate Friendly社は、豪州最大規模の排出権デベロッパーで、農場における原生林再生(土地利用)を通じた温室効果ガス(GHG)削減事業を展開。再生した原生林が吸着した大気中のCO2をGHG削減分の排出権として販売している。2020年時点ですでに2000万トンのGHG削減を達成しており、今後は2025年までに1億トンの削減を目指す考えだ。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報