東邦ガス、工場排ガス等からCO2分離回収 技術確立へ社内実証を開始

  • 印刷
  • 共有
 クリックで拡大します
CO2分離回収・利用のカーボンリサイクルイメージ(出所:東邦ガス)
クリックで拡大します CO2分離回収・利用のカーボンリサイクルイメージ(出所:東邦ガス)

東邦ガス(愛知県名古屋市)は5月13日、工場などで発生する排ガス等を対象としたCO2分離回収技術の確立に向けて、実証試験を開始すると発表した。

この取り組みは、同社技術研究所(同・東海市)内にCO2分離回収システムの評価設備として、膜分離装置と物理吸着装置を導入して行われる。実際の工場排ガスやさまざまな成分・温度・圧力の模擬ガスに対して、比較的コンパクトで導入が容易な、CO2を選択的に透過させる膜を用いて分離する「膜分離法」や、吸着材にCO2を選択的に吸着させて分離する「物理吸着法」を用いたCO2分離回収システムの性能を評価する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報