産総研、ペットボトル原料製造過程の「難分解性廃水」処理を効率化

  • 印刷
  • 共有
嫌気性生物学的廃水処理法によるペットボトル原料製造過程由来の2種の廃水の一括処理の背景と研究成果
(出所:産業技術総合研究所)
嫌気性生物学的廃水処理法によるペットボトル原料製造過程由来の2種の廃水の一括処理の背景と研究成果 (出所:産業技術総合研究所)

産業技術総合研究所(産総研/東京都千代田区)の研究グループは5月13日、ペットボトルなどに用いられるポリエチレンテレフタレート(PET)の原料となる高純度テレフタル酸(PTA)とテレフタル酸ジメチル(DMT)の製造過程で排出される高濃度有機性廃水の一括処理に成功し、新しい処理機構を微生物のゲノム情報に基づき提案したと発表した。

今回の研究のポイントは以下のとおり。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報