大和ハウス、バリューチェーンのGHG排出量を4割削減へ 2030年までに

  • 印刷
  • 共有
新・カーボンニュートラル計画(出所:大和ハウス工業)
新・カーボンニュートラル計画(出所:大和ハウス工業)

大和ハウス工業(大阪府大阪市)は5月16日、新たなカーボンニュートラル計画を策定し、バリューチェーン全体の温室効果ガス(GHG)排出量について、2030年度までに40%削減(2015年度比)の削減を目指すと発表した。

同社グループでは、創業100周年となる2055年を見据えた環境長期ビジョン「Challenge ZERO 2055」を策定し、グループ、グローバル、サプライチェーンを通じて「環境負荷ゼロ」の実現を目指している。今回は、事業活動やまちづくりなどの観点から新たなカーボンニュートラル計画を策定した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報