タクマ 木材加工工場向け、2MWのバイオマス発電プラントを受注

  • 印刷
  • 共有
プラントイメージ図(出所:タクマ)
プラントイメージ図(出所:タクマ)

タクマ(兵庫県尼崎市)は5月17日、大手総合木材企業の中国木材(広島県呉市)から、能代工場(秋田県能代市)で使用する蒸気や電力を供給するバイオマス発電プラント(ボイラー蒸発量23.5t/h、発電出力2,090kW)の建設工事を受注したと発表した。完成予定は2024年3月末。

同工場は中国木材が秋田県能代市に新設するもの。敷地面積は約30ha。地元木材などを加工する製材・集成材工場のほか、木質バイオマス発電を計画する。発電プラントは、製材工場で木材乾燥時に使用する蒸気に加え、工場内で使用する機械や照明などの電力を供給する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報