日本政府ら「太陽に関する国際的な同盟」と覚書 再エネ分野の多国間協力促進

  • 印刷
  • 共有
(出所:国際協力銀行)
(出所:国際協力銀行)

日本政府は5月21日、太陽エネルギーの利用拡大のための国際的イニシアチブである「太陽に関する国際的な同盟(International Solar Allianc:ISA)」との間で、国際協力銀行(JBIC)、国際協力機構(JICA)、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とともに、太陽エネルギー分野における業務協力に関する覚書を締結した。

同覚書は、日本政府、JBIC、JICA、NEDOとISAとの間で、再生可能エネルギー分野における具体的な多国間協力を奨励、促進するための協力的な制度関係の枠組みを確立することを目的としている。日本政府は、技術開発や人材交流、途上国へのキャパシティービルディング(組織的な能力の形成・向上・構築)等を通じてISAの活動を支援していく。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報