古河電工、とちぎ国体に「グリーンLPガス」提供 バイオガスを原料に合成

  • 印刷
  • 共有
炬火台イメージ(出所:古河電気工業)
炬火台イメージ(出所:古河電気工業)

古河電気工業(東京都千代田区)は5月23日、10月に栃木県で開催される「いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会」のオフィシャルサプライヤーとして、同県内の牛のふん尿由来のバイオガスを原料とする「グリーンLPガス」を提供すると発表した。開・閉会式で使用する炬火(きょか)用燃料の一部として使用される。

古河電工は、2020年12月に家畜のふん尿から得られるバイオガスを原料に、貯蔵・輸送が容易なLPガスに変換できる触媒技術を開発した。これまでグリーンLPガスをラボスケールで合成してきたが、今回、バイオガスを原料にグリーンLPガスを主成分として合成するプロセスを世界に先駆けて実現した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報