伊藤忠、カナダで世界最大級のブルーアンモニア・ブルーメタノール商業生産へ

  • 印刷
  • 共有

伊藤忠商事(東京都港区)は5月24日、カナダで進めている世界最大級のブルーアンモニア、ブルーメタノールの製造と供給体制の確立を目指す共同事業化調査において、プラントの概念設計が完了し、2022年度中の基本設計への移行判断に向けた詳細スタディを開始したと発表した。2024年着工、2027年の商業生産開始を目指す。

ブルーアンモニア・ブルーメタノールは、従来の化石燃料由来のアンモニア製造プロセスによって生成されるCO2を地中深くに貯留・圧入するCCS(CO2回収・貯留)等の工程を加えることで、CO2排出量を抑制して製造されるアンモニア・メタノールをいう。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報