風力発電計101MWをFIP移行 HSE、再エネアグリゲーション事業開始

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

三菱HCキャピタル(東京都千代田区)は5月24日、グループ会社のHSE(茨城県日立市)が新たに再エネアグリゲーション事業を開始したと発表した。

同事業では、風力による再エネ電力の創出や非化石価値の提供、再エネの発電量予測、需給計画の作成を行うほか、FIT制度からFIP(Feed-in Premium)制度への移行を実施する。

FIP制度に移行、アグリゲーター事業者へ

続きは無料の会員登録(必須情報入力)完了後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事