大井競馬場、微生物が馬糞を分解する処理システムを初導入

  • 印刷
  • 共有
新たに大井競馬場のきゅう舎に導入するKID SYSTEM(出所:東京シティ競馬)
新たに大井競馬場のきゅう舎に導入するKID SYSTEM(出所:東京シティ競馬)

東京シティ競馬(TCK/東京都大田区)は11月17日、競走馬が排出する馬糞や使用済みの敷料(藁などの混合物)を微生物が処理する有機物処理機「KID SYSTEM」を新たに導入し運用を開始したと発表した。焼却処理と比較してCO2の排出が92%削減できるほか、給水・排水設備のない場所でも使用可能だという。

青果市場などで活躍、微生物の力でごみを残さず、ほぼCN

「KID SYSTEM」の製造元は日本発酵(東京都中央区)で、微生物を用いた分解処理により有機物を減容させ、99%以上が水蒸気や窒素などに変わり消滅する。焼却処理と比較し92%以上のCO2排出削減につながり、ダイオキシンのような有害物質も発生しないほか、給排水不要で下水汚染の問題もない。

続きは無料の会員登録(必須情報入力)後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

イベント情報