エア・ウォーター、地産地消エネ活用の新施設 農業・養殖に

  • 印刷
  • 共有
「地球の恵みファーム・松本」で目指す、地産地消エネルギーによる資源循環モデル(出所:エア・ウォーター)
「地球の恵みファーム・松本」で目指す、地産地消エネルギーによる資源循環モデル(出所:エア・ウォーター)

エア・ウォーター(大阪府大阪市)は、長野県松本市において、地産地消エネルギーによる資源循環モデルの開発施設「地球の恵みファーム・松本」の建設を10月下旬から本格的に開始する。

この施設では、未利用資源から電気・熱・CO2を生産し、農業・養殖に活用する地域還元モデルを目指す。

木質バイオマスや食品廃棄物を活用し発電 養殖設備・農業などでの利用も

施設の詳細と具体的な取り組みの内容は以下のとおり。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報