ホンダ、中国でEV新工場の建設開始 年12万台生産・2024年稼働へ

  • 印刷
  • 共有
広汽Honda EV専用新工場俯瞰図(出所:ホンダ)
広汽Honda EV専用新工場俯瞰図(出所:ホンダ)

本田技研工業(ホンダ/東京都港区)は6月21日、中国における四輪車生産販売合弁会社である広汽本田汽車(広汽Honda/中国広東省広州市)が、今後投入を拡大する電気自動車(EV)の生産体制構築に向け、EV新工場の建設を開始したと発表した。

2024年の稼働開始を目指し、広州市の広州経済技術開発区内に建設する。生産能力は12万台/年を予定している。敷地面積は40万平方メートル。新工場への投資額は34.9億元を計画しており、太陽光発電を始めとした再生可能エネルギーの活用など、サステナブルな取り組みを積極的に進めるほか、先進的な生産技術を数多く導入することで、高効率、スマート、低炭素なEV工場を目指すという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報