世界気温、今後5年間で1.5℃上昇の可能性 WMOが発表

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

世界気象機関(WMO)は6月5日、世界の気温に関する報告書を発表した。WMOによれば、世界の年間平均気温が今後5年間で産業革命前の水準よりも一時的に1.5℃以上高くなる可能性が80%あるという。報告書は気候変動対策の緊急性を強調しており、パリ協定の目標に迫る厳しい警告を発している。

一時的に1.5℃超えの可能性

報告書によると、2024年から2028年の間に少なくとも1年間は、世界の年平均気温が産業革命以前のレベルを1.5℃上回る可能性が80%あるという。具体的には、今後5年間のうち少なくとも1年間は2023年を上回る高温となる可能性が86%となっている。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事