DBJ、船舶の環境性能を評価する新たな試み

  • 印刷
  • 共有

日本政策投資銀行(DBJ/東京都千代田区)と日本海事協会(NK/同)は9月15日、脱炭素への移行に資する船舶の評価と投融資をあわせて提供するプログラム「Zero-Emission Accelerating Ship Finance」を創設・運用を開始すると発表した。

また同プログラムに基づく第1号案件として、ClassNKは、Kumiai Navigation(Pte)(Kumiai/シンガポール)が保有船するLPG二元燃料大型LPG運搬船「CRYSTAL OASIS」に対し、最高ランクのS評価を付与し、融資を実行した。

同プログラムの詳細は以下のとおり。

脱炭素・環境配慮性能・先進性を評価する

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報