信州タケエイ、太陽光パネルのリユース販売事業開始

  • 印刷
  • 共有
リユース販売事業の流れ(出所:タケエイ)
リユース販売事業の流れ(出所:タケエイ)

信州タケエイ(長野県諏訪市)は2022年7月8日、太陽光パネルのリユース販売事業を開始した。産業廃棄物として受け入れた使用済みの太陽光パネルを環境省の「太陽電池モジュールの適切なリユース促進ガイドライン」に基づいて簡易的に検査し、基準に合格したものをリユース品として販売する。

これまで、使用済み太陽光パネルを再利用する場合は、外観や性能検査を実施し、廃棄物として中間処理施設に持ち込まれる前にリユース可能と判別されたものに限られていた。そのため、廃棄物としてすでに施設に搬入された太陽光パネルに関しては、有価販売できるものは「中間処理」または「前処理」の過程で発生したメタル等の有価物に限定され、受け入れたそのままの形では、リユース品としての販売は困難な状況だったという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事