三井不動産、海老名物流施設に自家消費太陽光 2MW

  • 印刷
  • 共有
三井不動産ロジスティクスパーク海老名I(出所:横浜環境デザイン)
三井不動産ロジスティクスパーク海老名I(出所:横浜環境デザイン)

横浜環境デザイン(神奈川県横浜市)は10月18日、三井不動産(東京都中央区)の大型物流施設「三井不動産ロジスティクスパーク海老名I(MFLP海老名I)」の屋上に、完全自家消費型の太陽光発電設備を施工したと発表した。

設備容量は約2MW、発電量は2,200MWh/年

詳細は以下のとおり。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事