太陽光第18回入札、最低落札価格は初の7円台に

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

電力広域的運営推進機関(OCCTO/東京都江東区)は11月24日、再エネ特措法に基づく入札制度に基づき実施した太陽光第18回入札(2023年度第3回)の結果と、太陽光第19回入札(2023年度第4回)の募集容量を発表した。

加重平均落札価格は8.55円/kWh

太陽光第18回入札の対象は、出力500kW以上のFIP太陽光発電設備と、出力250kW以上500kW未満のFIT太陽光発電設備。入札量(募集容量)は105MW(10万5000kW)、供給価格上限額は9.35円/kWhで実施された。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事