大阪ガスとJPN、国内84か所・8MWの中小型太陽光発電所を共同開発

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

大阪ガス(大阪府大阪市)と、フソウグループで太陽光発電所の開発を手掛ける日本エネルギー総合システム(JPN/香川県高松市)は11月17日、国内84か所、合計容量約8,000kWの中小型太陽光発電所を共同開発すると発表した。

48か所は非FIT/非FIP太陽光発電所(合計容量約4,000kW)、36か所ではFIT太陽光発電所(合計容量約4,000kW)を開発する。なお、非FIT/非FIP太陽光発電所の開発は、経済産業省「需要家主導による太陽光発電導入促進補助金(令和3年度補正予算)」の採択を受けて実施する。

発電所の所在地や概要は以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報