政府「カーボンプライシング構想」、先行投資支援・削減促進を両輪で

  • 印刷
  • 共有
(出所:首相官邸)
(出所:首相官邸)

政府は、11月29日に開催した第3回「GX(グリーン・トランスフォーメーション)実行会議」において、先行投資支援と将来のカーボンプライシング(CP)導入を予め示すことで脱炭素投資を引き出す「成長志向型CP構想」について、基本原則や制度的な仕組みの原案を示した。同構想は委員からおおむねの合意を得た。

政府は今後10年で、官民協調で150兆円の脱炭素投資を確実に実現するため、同構想の速やかな実現・実行を目指している。今回提示された構想案は「先行投資支援」と「排出削減を促進する措置(炭素に対する賦課金と排出量取引制度)」の両輪でGX投資の加速化することとしている。

「成長志向型CP構想」、2つの柱

この構想案における2つの柱の概要は以下の通り。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報