大和ハウスら、従業員送迎用バスをEV化 埼玉の物流施設で

  • 印刷
  • 共有
BYD社製EVバスのイメージ(出所:大和ハウス工業)
BYD社製EVバスのイメージ(出所:大和ハウス工業)

大和ハウス工業(大阪府大阪市)、東京センチュリー(東京都千代田区)、日本カーソリューションズ(同)は11月15日、マルチテナント型物流施設で働く従業員送迎用に、電気自動車(EV)バスを導入すると発表した。導入時期は2023年3月の予定。

EVバスを導入するのは、大和ハウス工業が開発し、東京センチュリーが所有するマルチテナント型物流施設「DPL坂戸Ⅰ」(2020年3月竣工)、「(仮称)DPL坂戸Ⅱ」(2023年1月竣工予定)、「(仮称)DPL坂戸B」(2024年2月竣工予定)。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報