東京ガス、大気中のCO2回収技術を持つ米GT社へ出資

  • 印刷
  • 共有
GT社DACのイメージ(出所:GT社)
GT社DACのイメージ(出所:GT社)

東京ガス(東京都港区)は1月19日、米国の投資子会社を通じて、大気中からCO2を直接回収する先進的なDirect Air Capture(DAC)技術を有する米国グローバルサーモスタット(GT社)に、日本のエネルギー企業として初めて出資すると発表した。

東京ガスは今後、GT社のDAC技術によるCO2回収試験を日本で初めて実施するとともに、DACの実用化を進めていく。さらに、将来的にはDACで回収したCO2を国内外のメタネーションやCCUS(CO2の回収・利用・貯留)等に活用するなど、新たな脱炭素エネルギービジネスを展開していく。

CO2と再エネ由来水素の合成燃料生産PJでDAC導入

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報