【英国】洋上風力発電の海鳥への影響調査を開始

  • 印刷
  • 共有
北海に浮かぶティーサイド・ウインドファーム(写真:Howzey CC BY-NC-ND-2)
北海に浮かぶティーサイド・ウインドファーム(写真:Howzey CC BY-NC-ND-2)

英国生態学・水文学センター(UKCEH)は8月31日、200万ポンドの資金提供を受け、洋上風力発電が海鳥に与える影響を調査し個体数を保護・増加させるプロジェクトを開始すると発表した。

ECOWINGS(Ecosystem Change, Offshore Wind, Net Gain and Seabirds)と名付けられたこのプロジェクトは、英国の環境食糧農林省の支援を受け、自然環境研究評議会(NERC)および英国王室領を管理する公益法人のクラウン・エステートから4年間で総額約200万ポンドの資金提供を受ける。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報