デンカ、アセチレンブラックの新製造拠点を設立へ

  • 印刷
  • 共有
契約調印式の様子(出所:デンカ)
契約調印式の様子(出所:デンカ)

デンカ(東京都中央区)は10月20日、タイの総合化学メーカーSCG Chemicals Public(SCGC社)と、導電材料でカーボンブラックの一種「アセチレンブラック」の製造・販売事業を行う新会社を設立にすると発表した。

アセチレンブラックは電気自動車(EV)のリチウムイオンバッテリーや、洋上風力発電の高圧送電線ケーブル用途で使用されるなど、近年需要が拡大している。同社はかねてから新製造拠点の設立を検討していた。

年間約1万トン以上、2025年初の生産目指す

取り組みの詳細は以下のとおり。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報