大東建託、バイオマス発電事業・燃料調達を行う新会社設立

  • 印刷
  • 共有
朝来バイオマス発電所(出所:大東建託)
朝来バイオマス発電所(出所:大東建託)

大東建託(東京都港区)は10月10日、発電を停止している朝来バイオマス発電所(兵庫県朝来市)を2024年度から再稼働するため、同発電所の運営を行う新会社、大東バイオエナジー(東京都港区)を9月に設立したと発表した。

新会社では、10月16日より周辺地域の林業関係者や森林組合、チップ工場と連携して燃料調達を開始する。また、同発電所の運営や燃料調達だけでなくチップ製造も行い、製材端材や枝・根株など、燃料の品質条件・種類を拡大する予定。これにより燃料の安定調達を目指す。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事