ブラザー工業、太陽光PPAをオンサイト・オフサイト複合型で導入

  • 印刷
  • 共有
取り組みのイメージ図(出所:中部電力ミライズ)
取り組みのイメージ図(出所:中部電力ミライズ)

ブラザー工業(愛知県名古屋市)は1月23日、中部電力ミライズ(愛知県名古屋市)のPPAサービスを活用し、同社の物流倉庫である港第1倉庫(名古屋市港区)に太陽光発電設備を導入して再エネを自家消費するとともに、余剰電力を同市内の本社地区に供給し活用する取り組みを行うと発表した。オンサイトPPAとオフサイトPPAを一体化したサービスは、中部エリアで初めてだという。

今回の取り組みでは、同倉庫の屋上に、中部電力ミライズのオンサイトPPAサービスを活用して太陽光発電設備を設置。2月から運転を開始する。パネル出力合計は約600kW、年間発電量は60万kWh。発電した電気は倉庫で使用し、余剰電力は同社本社地区に供給する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報