7月の新電力等への変更件数、低圧は4.7万件 低調傾向続く

  • 印刷
  • 共有

電力・ガス取引監視等委員会は10月16日、7月における電気事業者の販売電力量・販売額、小売電気事業者の契約口数、低圧の電力購入先を変更したスイッチング件数についてまとめた「電力取引報結果」を公表した。

これによると、7月における全体の販売電力量は688億kWh(前年同月比22億kWh減)。新電力のシェアは販売電力量ベースで16.6%(同3.8ポイント減)、販売額ベースで18.4%(同4.6ポイント減)、契約口数ベースで22.0%(同0.5ポイント減)だった。低圧のみの契約口数でみるとシェアは22.0%(同0.5ポイント減)。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事