長野県、下水道処理場でバイオガス発電 年2百万kWh

  • 印刷
  • 共有
(出所:長野県)
(出所:長野県)

長野県は9月26日、下水道終末処理場「クリーンレイク諏訪」で、下水の処理過程で発生する消化ガス(バイオガス)を燃料とした発電事業を開始すると発表した。下水道事業における民設・民営による消化ガス発電事業は県内では初めて。

取り組みの詳細は以下のとおり。

発電量は約200万kWh/年、FITを活用し売電も

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報