政府、気候変動の悪影響に伴う損失・損害支援パッケージを公表

  • 印刷
  • 共有
(出所:環境省)
(出所:環境省)

日本政府は11月15日、気候変動の悪影響に伴う損失と損害(ロス&ダメージ)支援パッケージを公表した。人材育成、早期警戒システム整備といった事前の備えから、災害リスクの管理、「より良い復興」まで、これまで実施してきた幅広い支援内容をまとめたもの。国際社会と協力しつつ、ロス&ダメージに対する支援を包括的に提供していくとしている。

そのうちの新たな取組として、環境省は、新たにイニシアティブを立ち上げた。日本の有志企業との連携の下で取り組む体制をつくり、アジア地域で先行的に早期警戒システムのプロトタイプを構築し、導入に向けた道筋を付けることを目指す。これにより、アジア太平洋地域において、日本の民間企業による早期警戒システムの導入(観測機器の整備、観測データの分析・予測、気候情報サービスの提供等)や早期警戒システムを活用した事業展開(損害保険など)を促進する。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報